TOEIC初心者も安心!公式問題集の使い方を徹底解説!!




公式問題集を使うメリット

そもそも他の様々なTOEIC模試がより低価格で販売されているのに

わざわざ公式問題集を選ぶメリットはあるのでしょうか。

結論から言うと、公式問題集の強みは収録されている問題の精度にあります。

この点に関しては、公式問題集はTOEIC公開テストを運営しているETSが公式で販売している

問題集であるため間違いありません。

では、問題の精度が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

主に以下のようなメリットがあります。

  • 自分の実力や強み・弱みを正確に把握することができる。
  • 本番前により本番に近いシュミレーションをすることができる。

これを見て、「これなら実際にTOEIC公開テストを受けてみた方が早いのではないか」と

思っている方がいるかもしれません。しかし、本番のテストでは、自分がどの問題を間違え、

どのように改善するべきかを知ることができません。つまり、本番と同じ精度の問題で

自分の改善点をみつけ、改善へと繋げることができるのはETSの公式問題集だけなのです。

 

 

どんな人におすすめ?

  • これからTOEICの勉強を始める方
  • 本番の前日にシュミレーションをしたい方

特にこのような方々におすすめです!!

理由としては、上記のような方々は、より正確に自分の実力を把握する必要があるからです。

特にTOEIC初心者の方々は、今後の目標や勉強を考える上で必ず解くべきといっても過言ではありません。

その他の方ももちろん使っていただけるのですが、

公式問題集の難点として、他の教材に比べ高価格であることが挙げられます。

なので、他の問題集も併用しつつ、

より重要なタイミングで公式問題集を活用することをおすすめします。

 

 

どのバージョンを使うべきか

新形式に対応していて、かつリスニングとリーディングの両方が収録されているという点で

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 をおすすめします!!

www.amazon.co.jp/dp/4906033482

これから初めてTOEICの勉強を開始する方には、

新形式とは何のことやらわからない方も多いかと思います。

2016年5月の第210回の公開テストより、問題形式が新形式に変更されました。

簡単に言うと、以下のような変更がありました。

  • リスニングセクションに話者が3人登場する問題やメモなどの視覚的要素を絡めた問題が追加された。
  • リーディングセクションでは、単語・文法問題が減り、長文問題が増えた。

要するに、もともと厳しかった時間との闘いがさらに厳しくなりました。

公式には、問題の難易度は変わっていないと言われていますが、

以前に比べ難しくなったとの声が多く上がっているのが現状です。

また、問題形式の変更から1年がたった今でも、以前の問題形式に比べ

対応している問題集が少なくなってます。

なので、現在より公式問題集の必要性が高まっていると言えます。

 

 

 

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 の構成

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 の使い方

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください