パソコンユーザーはタッチタイピングをできないと勿体ないよ

PCイメージ




 

  • パソコンをよく使う
  • ブログやってる
  • 将来パソコンを使う予定がある
  • しかしタッチタイピング(ブラインドタッチ)ができない

 

当てはまる人は読み進めてください。


 

次の問いに答えなさい。

 

7  ×  8  =  ?

 

何も考えなくてもパッと答えが浮かんできましたよね?

 

「なんだよ余裕じゃん、アホらし!」と思ったかもしれませんが、小学2年生の時のあなたは必死になってこんな簡単な計算を覚えていたはずです。

 

それから進級するにつれて2次関数、確率、微分積分などの高度な計算をこなしてきましたが、その全ての根底にあったのは九九の計算ですよね。

もしあなたが小学二年生で九九の暗記をおろそかにしていたら、それ以降すべての計算に膨大な時間がかかっていたはずです。

 

つまり何が言いたいのかというと

 

タイピングは九九と同じです。九九が遅い人が計算に時間が無駄にかかるように、

タイピングが遅い人は、これからパソコンを使うたびにちょっとずつ時間を失っていきます。

一回単位でみれば少しの時間でも、毎日積もれば膨大な時間を失うことになります。

これこそ人生の無駄な時間ベスト3です(アメリカン大学生調べ)

 

今でこそ私は一分間で最大400回キーを正確に叩けますが、一年前までは一分間でたったの80回しか叩けませんでした。

ひらがなで換算すると200文字と40文字なので、現在はタイピングに所要する時間を1/5に短縮することができました。

 

タッチタイピングで圧倒的な作業効率化

 

タッチタイピングをできるかできないかでスピード感がまるで違います。

これはブロガーのgori.meさんのタイピングの様子です。

 

は、速すぎて残像しか見えん!!

 

大学生はレポートをオンラインで提出することが多いですし、社会人はワードやエクセルを使ったオフィスワークなどをする機会も多いです。いまタッチタイピングを習得すれば今後必ず役に立ちます。

 

超短期間でマスターできる

タッチタイピングを覚えるべき理由の一つは、その習得の容易さにあります。

九九は81通りも覚えなければダメですが、タイピングではたった30個程度の主要なキーの配列を覚えれば終わりです。

 

私の場合はキーの配列を覚えるのは2週間もかかりませんでした。

 

一度覚えてしまえば、それ以降はタイピングスピードは上がる一方なので作業効率は比例的にぐんぐん伸びていきます。

また、短期間で成長を感じられるので三日坊主でも続きます!一日坊主の私が続きました。笑

 

 

最初に少し集中して時間を投資するだけで今後ずっと楽をできるようになるので頑張りましょう。

 

まとめ

タイピングは習得するのに時間帯効果が抜群です。

ぜひこれを機に始めてみてください!

 

以下、私が練習の際に参考にさせてもらったサイトのリンクを貼っておきます。

ブラインドタッチ(タッチタイピング)のコツ! 3つの上達法

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください